筋肉がもたらすメリットを確認しよう!

私たち人間の身体はが集まることで骨格が出来、それを動かす為に筋肉が全身を覆っています。筋肉には大きく、身体を動かす、エネルギーを貯める、そして熱を作り出すという機能があるわけですが、一般の方にとって関心があるのはマッチョであったり、キレイな体つきであったりと肉体美の方が大切だと思うかもしれません。

しかしそういった肉体的な美しさ以外にも大きな筋肉がついているメリットは非常にたくさんあるのです。健康の維持に繋がる事はもちろん、例えば筋肉の働きが活発になると病気にかかりずらくなりますし、糖尿病になるリスクも減らすことが出来ます。

昨今、ネットでも筋肉のトレーニングがうつ病ストレスの解消につながるという話題も持ち上がりますが、それは事実なのかもしれません。それでは筋肉について詳しく確認していきましょう。

筋肉の種類?そんなのあるの?

冒頭でも少し筋肉の働きについて確認しましたが、私たちの身体は隅々まで筋肉で覆われており、それは外面だけでなく内臓血管まで及びます。ざっと種類を上げると骨格筋平滑筋(へいかつきん)、心筋などを挙げることが出来ます。

例えば骨格筋はいわゆる私たちの身体を動かしている筋肉ですね、腕、脚、腹筋、背筋など自分の意志で動かすことが出来る筋肉です。次の平滑筋というのは主に内臓を動かす筋肉で血管を動かして血液を身体に運んだり胃腸を動かしたりします。そして最後の心筋は心臓を動かす筋肉です。

平滑筋や心筋は私たちの意志とは関係なく一年365日24時間動いてくれているわけですが、骨格筋の場合、筋肉を使うという言葉を聞くと筋トレを行ったり、運動したり、重いものを持ったり、というイメージを持たれる方が多いと思いますが、実はそれだけとは限りません

例えば座り仕事をする方々は肩こり腰痛に頻繁に悩まされると思いますが、実はこれは同じ姿勢をとっていることで筋肉が酷使され、凝り固まり痛みを発症しているのです。ですから、安静にしていても同じ姿勢でずっといれば筋肉を使っているとも言えますね。

筋肉が多いメリットは?

それでは身体にたくさんの筋肉がある時のメリットを見ていきましょう。まずは免疫力の低下を防ぐことが出来ます、免疫力が維持されるということはウィルス病原体の感染から身を守れることももちろん、ガン生活習慣病も防ぐことが出来るといわれています。

ではなぜ免疫力が維持できるのかというと、筋肉が身体の熱を作り出す器官だからです。筋肉量が多いと基礎体温が上がり、人間の免疫力が一番効果を発揮するといわれる37度に近い体温を維持することが出来ます。また基礎体温が高いことは免疫力の維持だけでなく冷え性にもなりにくく、食事療法よりも筋肉を増量させることが出来れば一年を通して基礎体温を維持することが可能になります。

次に冒頭でも糖尿病の予防が出来るというお話をしましたが、筋肉はエネルギーの貯蔵庫とも呼ばれており、炭水化物などの食事を摂取することで体内で発生した糖質(グリコ―ゲン)をため込むことが出来るのです。

私たちはこのグリコーゲンを使用して身体を動かしているわけですが、筋肉の量が減ってしまうとそのグリコーゲンを貯蔵する場所が減り調節機能が変動しやすくなり、体内の糖が増えて糖尿病になってしまうのです

 

筋肉が衰える時、筋肉を鍛える時

さて、ここまで筋肉が身体に多くあることのメリットについて触れてきましたが、特別にボディービルダーやスポーツ選手のように普段から身体を鍛えてはいない方で健康の為に筋肉をつけたいと考えている方は実際にいつごろからトレーニングを始めればよいのかと思うかもしれませんのでそちらを補足しておきます。

結論から言えば、筋肉のトレーニングは週に一回行う、などいついつに行うという習慣若い頃からつけて置くことが一番だと思います。その理由は、さー、筋トレを始めようと考えても何をしたらよいかわからず、とりあえず自分の知っている範囲で腕立て腹筋をして身体を痛めてしまったりするとそこでやめてしまいますし、身体が衰えてからの筋肉トレーニングは体力的にもきついものになるので長続きしなくなってしまうからです。

しかし一例として挙げれば、一般的に中高生ごろから筋肉は付き始め20歳を迎えるころまで太く長く成長していきます。そこから何もしないでいると日常的に使われる筋肉以外は徐々に衰えをみせ始め、30~50代には個人差はあれど年齢を追うごとに急に小さくなったりもします。そして70代を迎える頃には20代の4割程度まで低下していきます。ですから、健康を維持するために筋トレを始めるならば30歳を一つの節目にしても良いかもしれませんね。

まとめ

今回は筋肉の働きメリット、そして衰えていく時期などについて記事を書いてまいりました。文中でも触れていますが、身体に筋肉がついているメリットは非常に多く、むしろデメリットは無いといっても過言ではありません。

筋肉は確かに歳を追うごとに衰えていってしまうものですが、自分の努力次第で維持していくことが出来るものです。いつまでも若々しく健康な身体を維持したいのであれば日常に筋肉トレーニングを取り入れてみましょう。

筋肉

Posted by takayaseitai