不調の原因はたまった疲労にあるかも?慢性疲労!

疲労による不調でまず初めに感じるのは次の日の倦怠感だと思いますが、十分な休息も取らずにそのままの生活を続けていると疲労はその次の日、そのまた次の日へと蓄積されていき、大きな疾患の引き金になってしまうことがあります。

世界的にみても真面目である、信頼が出来るとされている日本では仕事のミスや誤字脱字、あるいは誤発注などはあってはならないものだという認識が高く、仕事の質はかなりの高さが要求されています。

その結果、神経をすり減らし、ストレスをためたり疲労を常に感じている、あるいは職場の人間関係からも逃げ出したいと考えている方も多く、まともに休息が取れない。というお話もよく伺います。しかし溜まった疲労は確実に身体をむしばみ、重症化すると日常生活に支障を来す場合もあります。それでは慢性疲労について詳しく確認していきましょう。

慢性疲労ってどんな状態?

冒頭でも触れていますが、要は倦怠感を感じる状態が長く続いていることです。具体的な基準は一晩あるいはそれ以上休息をとっても回復しない六か月以上倦怠感や疲労感を感じている状態を指しています。

また疲労感以外で言えば便秘、胃もたれ、イライラ、うつ症状、身体が熱っぽかったり冷えたりする、集中力が続かない、思考力の低下、不眠あるいは過剰に眠ってしまう、他にも運動をしていないのに筋肉痛に似た症状が出たり、意欲(やる気)の低下などを引き起こす場合もあります。

他にもこれらの状態が影響して、お酒を飲みすぎたり、暴飲暴食によって肥満になったり、不眠状態が影響してうつ病を発症したりといったことも考えられます。特に肥満状態になると動脈硬化の影響で心臓や血管に関する疾患、例えば脳溢血、脳梗塞、あるいは心不全なども起こしやすくなりますので注意が必要です。

反対に食事を全くとらずにお酒ばかり飲んでいるとアルコール依存、肝硬変をはじめとする内臓疾患になったりストレスから愚痴をこぼしたり、情緒不安定になって泣き出したり、人によっては他人に当たり散らし暴力を振るってしまうこともあるかもしれません。

いずれの状態にしても自分一人で孤独を感じてふさぎ込んでしまってもいけませんし、誰かと一緒にいてもネガティブな意見や口喧嘩になってしまったりして、身体や人間関係壊してしまう事態に陥ってしまう可能性があります。

慢性疲労にならないためには?

これは一言で言えば休息を取ること。となりますが、では実際に休息を取ってください。といわれて思いつくのは睡眠を取ったり、旅行に行ったりといった意見が出ると思います。しかし、それはどちかかといえば休日の過ごし方を考えているだけで休息とは異なります。

では休息とは何なのか?これは疲れを理解することから始めるといいと思います。明文化されないと疲れ=倦怠感と捉えてしまいがちですが、疲れには内臓の疲れ、自律神経の疲れ(乱れ)、精神的な疲れ、肉体的な疲れなどがあります。

つまり暴飲暴食によって内臓が疲れているのに、消化に悪い油モノやお肉をひたすら食べることは休息になりませんし、精神的な疲労を感じているのに友人や同僚に誘われるままに旅行に出かけて気を使ってしまうのも休息にはなっていません。

ですから先に上げた症状が出ている時は自分の疲れの原因を理解し、それに合わせた休息を取ってあげなければ身体は回復していきません。また疲労の程度によっては当然一日では回復せず、人によっては一週間~一か月は休まないと回復しない場合もあります。

限界を感じた時は早めに対処法を探って、仕事が長期で休めるのであれば休暇をとってもいいですし、自分が壊れてしまうほどの疲労であれば思い切って仕事を辞めてみてもいいかもしれません。いずれにしても疲労やストレスは小さいうちに対処してあげるようにしましょう。

まとめ

今回は身体に疲労感が残ったり、その他の症状が六か月以上も続き日常生活に支障を来す慢性疲労について記事を書いてまいりました。文中でも触れている通り、疲労がたまった状態が長く続くと思いがけないほど大きな疾患を生み出す可能性があります。

またこれも文中にありますが、たまりにたまった疲労数日では抜けきらないことがほとんど、ということも覚えておいてください。長い年月でためた疲労がそんなにすぐには抜けないことは頭では分かっていても会社のことを考えると三日しか、五日しかお休みが取れないという場合が多いでしょうが、疲労が抜けないうちにまた無理をすれば元の状態に戻ることは必至です。

骨折をキチンと治さなければ骨が曲がってくっついてしまうように、脱臼をキチンと治さなければ再発するように、ケガの原因を正さなければ同じケガを繰り返すように、たまった疲労時間をかけて改善する必要があることを念頭に、休息の時間をしっかりと取るように心がけましょう。